http://root-hari.jugem.jp/
  ルートはり・きゅう院

大分県大分市北下郡の鍼灸院「ルートはり・きゅう院」のホームページです。
皆様の健康を「根っこ」から考える治療院です。
院長:佐藤 雅彦
ご予約・ご相談は TEL 097-567-1145
| トップページ | 当院の治療方針 | 診療時間・休診日 | 施術料金・時間 | 交通アクセス |
<< 世界一細い鍼(はり)をご用意しました | main | お灸がなぜ効くのか >>
はり治療がなぜ効くのか
 科学的な仕組みを説明し始めると全く理解してもらえないくらい専門的で細かい話をするはめになりますので、専門家でなくてもなんとなく理解してもらえる範囲内でお話をさせて頂きますと、

 ・はりを刺した部位にできるごくちいさな傷を修復しようとするために血流が増加する。
 ・刺激された部位に痛みが生じないように、脳が痛みを感じにくくする物質を出す。
 ・刺激を与える体の場所によって、自律神経(交感神経・副交感神経)の活動が調節される。

 というようなことが、はり治療をした部位に起こります。

 例えば、肩こりの場合、

 ・パソコンやスマホ画面の見すぎで交感神経が興奮して、筋肉の緊張が強くなる。
 ・長い時間、同じ姿勢を取っていたために血流が悪くなる。
 ・血流が悪くなると、痛みの原因物質や、筋肉を緊張させる物質を回収できない。
 ・肩の筋肉が硬くなって、痛い。

 ここにはり治療をすることで、

 ・血流がよくなり、痛みの原因物質や、筋肉を緊張させる物質が血流によって回収される。
 ・交感神経の興奮が抑えられて、筋肉の緊張を起こりにくくする。

 となります。その仕組みはかなり複雑なものですが、はり治療をきっかけにして、人間がもともと持っている「治す力」が働いて、本来あるべき姿に戻ろうとします。

 また、胃腸の不調の場合、

 ・胃や腸の活動が低下して、消化や排出の能力が落ちている。
 ・胃や腸の活動が上がりすぎて、胃酸が出過ぎ、胃腸を守る粘液が減って胃腸の壁が壊される。

 はり治療をする部位によって、活動が上がりすぎた交感神経を適度に鎮めたり、活動が低下した副交感神経を適度に上げることができます。(お腹が痛い、頭が痛いのに手足にはりをするのはこれらを調節できるツボがあるため)はり治療というと肩こり・腰痛などに効くイメージを持たれている方が多いと思いますが、実は内臓の不調をよくするのも、はり治療の得意とするところです。


  
0
    | ルートはり・きゅう院 | 健康法・ツボのお話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://root-hari.jugem.jp/trackback/55
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    このページの先頭へ