http://root-hari.jugem.jp/
  ルートはり・きゅう院

大分県大分市北下郡の鍼灸院「ルートはり・きゅう院」のホームページです。
皆様の健康を「根っこ」から考える治療院です。
院長:佐藤 雅彦
ご予約・ご相談は TEL 097-567-1145
| トップページ | 当院の治療方針 | 診療時間・休診日 | 施術料金・時間 | 交通アクセス |
<< はり治療がなぜ効くのか | main | チタンてい鍼(ロング) >>
お灸がなぜ効くのか
 お灸は大きく分けると2種類の方法があります。

 1つは、昔ながらの「もぐさ」を肌の上に直接乗せて線香で火をつけ、燃やしきってしまう方法です。肌にやけどの痕が残るので、「有痕灸(ゆうこんきゅう)」と言います。

 もう1つは、もぐさの下に物をはさんだり、浮かせたりして肌の上にもぐさを直接乗せない方法、もしくはもぐさが燃えきる前に消してしまう方法で、こちらは肌に痕が残らないので「無痕灸(むこんきゅう)」と言います。

 無痕灸は主に温熱刺激です。肩こりや腰が痛いときに、カイロなどを患部に当てると症状が和らぐのと同じく、患部の血流を改善して、痛みの物質や筋肉を硬くしていた物質を洗い流す効果があります。また、はり治療と同じようにピンポイントでツボに刺激を与えて自律神経を調整する効果や、お灸の香りによるリラクゼーション効果もあるとされています。

 有痕灸は、皮膚にごく小さいやけどを作ることで、壊れた皮膚組織を再生させるため、また壊れた所から違う菌やウイルスなどを侵入させないために、体が持っている免疫機能をその部位に集結させるという働きがあります。これにより、免疫力をアップさせて病気にかかりにくい体になったり、アレルギーなどの過剰な免疫反応が起きにくくなる効果があります。

 お灸はご自宅でも出来るセルフケアの1つです。「せんねん灸」など、台座のついた市販のお灸を使えば、やけどや灸あたりなどの心配も少なく、必要以上に熱さを感じることもありませんのでオススメです。


 どこにどのようにお灸をすれば効果的かは、そのときの患者様の状態によって変わります。専門家の鍼灸師に聞いて、お灸をする場所に印をつけてもらう(灸点をおろす、と言います)といいでしょう。

 当院では、はりによる施術を中心に行なっておりますが、お灸の施術を希望される方もご相談下さい。
  
0
    | ルートはり・きゅう院 | 健康法・ツボのお話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://root-hari.jugem.jp/trackback/57
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    このページの先頭へ