http://root-hari.jugem.jp/
  ルートはり・きゅう院

大分県大分市北下郡の鍼灸院「ルートはり・きゅう院」のホームページです。
皆様の健康を「根っこ」から考える治療院です。
院長:佐藤 雅彦
ご予約・ご相談は TEL 097-567-1145
| トップページ | 当院の治療方針 | 診療時間・休診日 | 施術料金・時間 | 交通アクセス |
<< 当院への交通アクセス | main | 食事を変える健康法について >>
合谷(ごうこく)は最強のツボ
 はり・きゅう治療や東洋医学にうとい方でも何となく聞いたことがあったり、名前は知らなくても押したことがあったりするツボ「合谷(ごうこく)」。

 ツボの中ではベタ中のベタ、わざわざはりや灸をしなくても「押すだけで効く」「わりと何にでも効く」「誰がどう押しても効く」「ツボの位置がわかりやすく押しやすい」「押したら気持ちいい」というツボなので、ツボというものを説明するときに非常に便利なツボになります。

 便利なツボなんですが、あまり合谷を使いたがらない鍼灸師さんもざらにいます。患者様から「この先生、素人でも知ってるツボを使うんだ」と思われるのが嫌だから、というプライドの高さから…ではなく、はりを打つと反応が出やすいツボなので、人によってはズーンと響く感じが不快に感じたり、電撃のようなビリッとした刺激が出たりして、はりに恐怖感を覚えてしまう可能性があるためです。


 ツボの場所は、一般的には上の図の「1」の場所(手の甲側、親指と人差し指の水かきの根元)と言われていますが、WHOにより統一された(教科書的な)位置は「2」の場所(手の甲側、人差し指の下の骨の真ん中の親指側)とされています。どちらを押しても効果がありますし、人によっては「1」と「2」の間に一番気持ちいいポイントがあることもあります。

 押し方は、反対の手の親指で、気持ちいいと感じるように押して下さい。どちらかというと人差し指側に押すほうがいいようです。30秒〜3分程度でいいと思います。

 何に効くかですが、次のような症状に効くと言われています。また、特に首から上の症状にはよく効きます。

 目の疲れ 視力低下 めまい 難聴 歯痛(鎮痛) 鼻血 鼻水 花粉症 のどの痛み いびき 頭痛 肩こり 腕の疲れ 手のしびれ 便秘 下痢 排尿困難 腎機能低下 ホルモンバランスの崩れ 生理痛 にきび アトピー 風邪 精神不安 不眠 物忘れ 無気力 脳血管障害

 などなど、とりあえず押せば何かには効く、というくらいいろいろなことに効きます。もちろん、効果には個人差があり、必ず効果があるというわけではありません。1回で劇的に効くということもまずありません。

 ※ツボを押すときには、それぞれのツボに適した強さで押す必要があります。合谷はわりと強く押しても大丈夫なツボですが、その他のツボを強く押すと反応が出すぎてのぼせたり、気分が悪くなったりすることもありますのでご注意下さい。
  
0
    | ルートはり・きゅう院 | 健康法・ツボのお話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://root-hari.jugem.jp/trackback/68
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    このページの先頭へ