http://root-hari.jugem.jp/
  ルートはり・きゅう院

大分県大分市北下郡の鍼灸院「ルートはり・きゅう院」です。
「ルート」とは「根っこ」という意味です。
皆様の健康を「根っこ」から考える治療院です。
院長:佐藤 雅彦 (院長のブログはこちら
ご予約・ご相談は TEL 097-567-1145
| トップページ | 当院の治療方針 | 診療時間・休診日 | 施術料金・時間 | 交通アクセス |
<< スマホが及ぼす人体への悪影響と軽減策を考える | main | 当院への交通アクセス >>
眠れない人、急増中?
 当院に来られる患者様は、もちろん肩こりや腰痛などの方が多いですが、お話を伺うと、睡眠をしっかり取れていない、もしくは寝ても疲れが取れていない、という方が多くいらっしゃいます。

 昔から言われているように、できるだけ同じ時間に床に就き、同じ時間に起きてしっかりと朝日を浴びることで、体内時計をしっかり正しい状態に保つことに勝る快眠法はありません。寝酒すると脳が覚醒状態のまま、肝臓や胃腸に負荷がかかったまま寝ることになるので、疲れが取れないというのも正しい認識です。

 最近多く言われる原因は、「眠くなるまで(寝落ちするまで)本を読んでいる、スマホを見ている」です。脳は目から入った情報を勝手に処理しようとするので、覚醒度が高いままの状態で眠りについてしまい、起きても疲れが取れていない、という状態に陥りやすいようです。スマホ画面から出ているブルーライトも快眠にはいい影響を与えません。

 そして、あまり気にされてない方が多いと思いますが「コーヒーの飲み過ぎ」の方が最近増えてきている印象です。もともとあまり日本人にコーヒーを飲む習慣がなかったところに、コンビニ各社がこぞって店頭で淹れたてのドリップコーヒーを発売するようになり、習慣的に1日数回コーヒーを飲むようになった方が多くいらっしゃるようです。個人差はありますが、カフェインの興奮作用で眠りが浅くなっている可能性が考えられます。「自分はコーヒーを飲んでも眠れる」と思い込んでいた人も、缶コーヒーやインスタントコーヒーからコンビニのドリップコーヒーに変えたら眠りが浅くなった、という例は少なからずあるようです。

 「それでも眠れない」という日はあると思いますが、眠れないから起きていよう、眠れないから本を読もう、スマホを見よう、は結局のところ長期的に体内時計を狂わせる原因になりますので、眠れなくても、いつもどおり床に就き、目を閉じて呼吸を整え、横になって体を休めるようにするといいでしょう。横になって体を休めているだけで、体の疲れはほぼ回復してくれます。脳の疲れも、目や耳からの刺激をできるだけ与えないようにして、「それ以上疲れさせない」ことで、起きたときの感じはだいぶ変わってきます。眠れなくても、できるだけ眠っている状態に近づけ、今日眠れなくても明日眠れるように準備しておくことが大事です。

 余談になりますが、「夢をよくみる=眠りが浅い」という認識はあまりあてになりません。夢をみるのは眠りが浅いレム睡眠という時間であるのはよく知られていますが、レム睡眠は先に深い睡眠があって、徐々に浅くなったときに出るものなので、夢をみるということは「1度は深い睡眠に入っている」ということになります。あまり気にする必要はありません。 

  
0
    | ルートはり・きゅう院 | 健康法・ツボのお話 | 00:00 | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    このページの先頭へ